• ホーム
  • ルミガンが高いと思ったら同じ効果のジェネリックを使いましょう

ルミガンが高いと思ったら同じ効果のジェネリックを使いましょう

きれいな目

ルミガンは世界初のまつげ専用育毛剤で、現在でも根強い人気がありますが、それよりも安く販売されているジェネリック医薬品も人気です。ジェネリック医薬品は先発医薬品の特許の期限が切れた後に、同じ成分を使って開発された医薬品になります。開発費や広告費などが格安に抑えられているため、製品にそれらが還元されて先発医薬品よりも安く買うことができます。ルミガンのジェネリック医薬品は有効成分が同じものが配合されているので、効果もまつげを発毛させることで同じになっています。ルミガンよりも安く買うことができますが、ビマトプロストという成分を使っているので、同等の効果を得ることができます。

価格は先発医薬品の20%から50%に抑えられているため、同じ効果を得ながら安くまつげケアをすることが可能です。ジェネリック医薬品もビマトプロストという有効成分により、まつげの毛周期を長くすることができ、濃く太く長く成長させることができます。毛周期は毛が生え変わるサイクルのことで、髪の毛と同様成長期から退行期・休止期へ移行していきます。まつげは最後に抜け落ちますが、成長期段階にある毛が生えてくるサイクルを繰り返しています。ビマトプロストの効果はこのサイクルの成長期を伸ばすことができ、まつげをどんどん成長させます。

またメラノサイトを活性化させるので、色の濃いまつげを生やし目元をさらにくっきりとさせることができます。ルミガンは病院で診察を受けることで、医師から処方箋をもらい入手することができますが、ジェネリック医薬品はまだ国内では未認可です。そのため入手方法は通販などになりますが、1本あたりが1000円代から2000円代で購入することができます。ルミガンは基本的に毎日夜洗顔後に、まつげの根元へつけることで、成長期を伸ばすことができるので継続が大切です。そうなれば複数個必要になるので、安く購入できた方がお財布にも優しくなり、さらにケアを続けやすくなります。

先発医薬品ではないといけない理由がない限り、ジェネリック医薬品でお得に継続することができます。有効成分は同じですが製造方法や添加物の種類などは、それぞれのジェネリック医薬品で違ってきます。これによって目に見えて効果の出方に違いがあるわけではないので、安心して継続して使うことができます。また容器の形状などもジェネリック医薬品の方が、改良されていて使いやすいケースもあります。